会社・法人設立相談室

RSS     Archives
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

講習会受講しました

 
昨日は、申請取次行政書士の更新のため、実務講習会に参加しました。
申請取次ぎは3年ごとの更新手続きが必要であり、その更新には講習会参加が必須条件です。
外国人の雇用や就業には、入管法上の手続きが必要ですので、会社設立にも無関係ではありません。
前回の講習(2年半前)から大分経っているのと、最近入管法の改正があったりして、改めて勉強の必要性を痛感しました。
スポンサーサイト
 

小さな会社・法人

 
 個人事業を法人化したい、あるいは、新たに法人を設立して事業を始めたい、という場合に、思い浮かべるのは「株式会社」という人が多いと思います。

 ここでは、「小さな会社または法人」ということを前提に、どのような法人形態が良いのか考えてみたいと思います。

 まず、「小さい」というのはどういうことでしょうか。
 資本金が少ない、従業員が少ない、売上高が少ない等々、会社や法人の規模を表す数字はいくつかあると思いますが、ここでは、①社員(出資者)数が少なくてよい、②設立資金が少なくてい、という二つの条件で考えます。

 言い換えれば、「小さい」とは、永久に小さいままということではなく、「小さくスタートできる」ということであり、その後は小さいままでもよし、大きくしてもよし、ということです。
 

「会社・法人設立相談室」を開設しました。

 
 ブログ「会社・法人設立相談室」を開設しました。
 特に、個人事業の法人化、非営利法人の設立等をお考えの方を対象に、小規模な会社・法人の設立について、設立方法や設立に際しての留意点等を解説するとともに、関連する最新のニュースをご紹介して参ります。
プロフィール

sakuradajimusyo

Author:sakuradajimusyo
小規模の会社・法人を中心に、設立から清算までをサポートします。

【行政書士 櫻田事務所】






最新コメント

最新トラックバック

訪問者

免責事項
 当サイトの記載内容につきましては、法令条文の確認等を行い、正確を期すべく努力しておりますが、内容の正確性について保証するものではありません。  したがって、当サイトの記載内容を利用したことにより生じた損害および法的責任、その他のトラブル等につきましては、一切責任を負いかねますのでご了承ください。  また、できるだけやさしく表現したいと心がけていますので、法律その他の分野の専門用語とは用語の使い方が異なっている場合があります。合わせてご了承ください。


 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。